人気ブログランキング |

ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by コギレイ堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

整理収納考「整理収納の正解は?」その2

d0302604_08324000.jpeg

「整理収納に正解はない」って私いつも言ってるけど
「不正解はある」と思うねんやんゆみちゃんどうおもう?
とまなみちゃん。
しばし考える。
うん、正解はないよね、暮らし方はそれぞれだし。
でも不正解はあるわ、じゃあそれは何だろう?
ここから掘り下げが始まります。




こういうふうにしまうと家族にわかりやすい
誰もが取り出しやすい
きれいをキープしやすい
そもそもそういうのは家族構成や年代によっても違ってくるし
物理的な面からはしまう場所や家具収納用品でも違ってくる。
自分で考えてよりよい方法を見つける人もいれば
プロや得意な人のアドバイスが欲しい人もいる。
まず「収納法ありき」ではなく
まず「暮らし方ありき」だと思う。
暮らし方のスタイルはそれこそ家の数だけあるので
これが正解ってのはひとことでは言えなくなりますよね。
よって正解はないでしょう。


では不正解は?
まなみちゃんは即座に「危険な収納」をあげていた。
おお、そうだよね。大きく頷く。
とても大事なこと。地震や天災も多いし、お子さんや高齢のかたにとって安心して暮らせる住まいであること。
それが一番だ。
まなみちゃんの回答が論理的でパーフェクトなので私が補足するまでもない。


私個人として別角度から考えてみた。
例えば、リバウンドしてしまうならそれはそのお宅にとって不正解な収納だったのではないかと思う。
めんどくさいアクションが必要な収納、もともと余裕がなくぎちぎちだった収納。
そういうのは結局リバウンドしてしまう運命なような気がします。私も思い当たりますよ、だから自戒を込めまして。
あとは、家族で住んでいるとしたら、誰かひとりだけに負担がかかっている収納。
これもどうだろうかと思うのです。
収う場所をころころ変えたり、どこに何があるかわかりにくかったり
「あれどこ?」と常に誰かが誰かに聞かないといけない収納。
ストレスになります。

安全であることが大前提。
そしてスムーズに、もっと自然に、わかりやすく。
そんなふうに整理収納をとらえられたらいいですよね。


  (ゆ)


「くらし」部門に応募します!


by kogireido | 2019-12-03 09:08 | Organize(かたづけ)