ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0302604_11184862.jpg



「なに?」聞こえてきそう。
きゅうりのお漬物。
只今、万博公園で絶賛開催中の第23回ロハス初日にて。


ホント、ご近所で「コトタリル」
エキスポ跡地のオープンも渋滞が近隣住民として
早くもうんざり気味だけど、楽しみ。


旧友Miちゃんと。
話の中身はほとんど「あほなこと」
それぞれ大変なことも心配なことも抱えてはいるんだけどね、
そんなの放置になってしまうなぁ。


これを食べながら、ええモノ探し。
ふとMiちゃんの下の娘ちゃんが私達が出会った年齢になったのだと気づく。
「携帯なんかなかったけど毎日一緒に笑い転げてたよなぁ~」
今やどこから見ても「なにわのおばちゃん」になってしまったが
中身はあんまり変わってない。
キラキラした娘ちゃん達が眩しい☆
でも、そんな時間は短いよぉ~。
ガッツリ、青春を謳歌してほしいが
「なにわのおばちゃん」も悪くないよと教えてあげたい。




[PR]
by kogireido | 2015-04-25 11:27 | おでかけ

旬なモノを見送る残念

d0302604_8395153.jpg



タケノコアレルギー。
「私も!」ってヒトに初めて出会い、
「この季節、外食注意なんだよねぇ~」と。
「旬なモノ」をいただけないって残念賞。
(画像のランチはタケノコなし!確認要なのよ~)




[PR]
by kogireido | 2015-04-24 08:44 | Manamiつぶやき
d0302604_17372634.jpg



2015.4.12撮影・自室


私もカタヅケ中。
しかし、以前ほどガツガツ作業が進まないのは
全体量の減少が理由だと思う。
家具も結局「古いモノだがいいモノ」が生き残り。
自分で意図して「減らす」を行なっている最中、
「壊れかけ」的な状態チラホラ。


まず「wii」が変な音を立てていたと思ったら
「ディスクを読み込めません」エラー。
調べるよぉ~、困ったことがあったらネットで。
専用クリーナーでまずトライ。
何でも「お掃除」が大切よ!
復活!!!!!
やるやん!やればできるやん!
こういう時、「弟達を頼る癖」(母は「息子達を頼る癖」)も
治さねばと「とりあえず自分でやってみる」を実践中。
ちょうど母の友人も居てみんなで拍手。
「なんじゃそりゃ!?」の修理(?)だったのだけれど
またダメよ…とほほだわ。
76歳のゲーマー、スーパーファミコン出してきてやってるよ。


洗面所の引き戸が重い。
「ソフトクローズ」(軽い力でゆっくり閉まる)のはずが
途中で止まったり、モノスゴ力がいったり。
調べるよぉ~、困ったことがあったらネットで。(再び)
高齢の母娘で挑戦するも、ますます重くなって降参。
こういう時に頼める業者さんが見つかったので週明けに電話。
やっぱりマンションに居て(うちのマンションの細かなお仕事をよくされている)
いつものように寡黙に調べてどうするかを説明してくれる。
部品を取り寄せて替えてもらうことに。
「8年目」家電もだけど、メンテ注意報だ。



ダラダラと。
別館より私的ですんません。
だって読んでいただいているのは多分友達。
お会いしたことがなくても、きっと友達。





[PR]
by kogireido | 2015-04-14 17:55 | Organize

文庫本

引き続きお片づけ。
幾度かの整理整頓を重ねて75冊に厳選された文庫本。
大好きな作家さんのものばかりが残っていて
内容もすらすら言えるほど何度も読んだものばかり。
それがどうだろう
ここ5年くらいは開くことがなかった。
かつては電車の中で、カフェで
ちょっとの時間も惜しんで文庫本を開いていた。
それが今はiPhoneを眺める時間にとってかわった。
全くいい傾向ではない。
加えて、単行本ですら老眼鏡をかけるというのに
さらに小さい活字の文庫本なんて読むのだろうか。
いろいろ切なくなりながら25冊にする。

1in1out という言葉を友人から教えてもらう。
すっきり暮らす方の名言だそう。
1つ増やすと1つ減らすこと。素晴らしいです。
モノの量を常に更新し、これから増やすことはもうなく、むしろ減らす、つまり今現在がMAXの量であるようにするためには
私は1in2out を目指したい。

d0302604_1338594.jpg

中崎町のフレンチ食堂セルクルさん。
小さなお店だけどビストロメニューが美味しくて。
カトラリーやおてふきなど引き出しの中にセットされている。
わくわくしました。


 ゆ

------------
[PR]
by kogireido | 2015-04-13 13:44 | Organize

映画部はなくなれど…

ご近所映画館が閉館になってしまって随分。
そのことをCityLifeで記事に書かせてもらったところ
関西ローカルニュース特番で「画像を使用したい」とのこと。
私が出るわけではないのにほんの数秒に興奮した。


WOWOWに加入してまして。
きっかけは「パンとスープとねこ日和」観たさ。
小林聡美ファミリー(?)のドラマや映画ははずせないと
母にも思わせたところが功を奏したと言える。
オリジナルのいいドラマをやってたり、
先の映画館とセレクトが似ていて「私にはツボ」な作品が多いので
「家に居ながら映画部」存続中。


老眼にむち打ち(?)、「パンとスープ…」の原作を読んだ。
「かもめ食堂」は原作を読んで「???」な部分が
(お店の開業資金とか、登場人物の個々の背景とか)
「あ~、そうなのね!」とよかったけれど
こちらは「映像だけでよかったなぁ」と感じる。(個人的感想)
それにしても「目の老化」により本離れするとは
想いにもよらなかったが、本の整理に拍車がかかる。
でもこのまま読まなくなるのはさみしく、図書館通いは続けている。
借りて読むので増えもせず「ええ感じ」


d0302604_17364915.jpg


映画部Nちゃんのご飯。
お出かけする予定がめんどくさくなって、ささっと作ってくれた。
Nちゃんの家は居心地がいい。
「それは私が選んだモノがいっぱいあるからだ」と我に返るのは自画自賛だろうか。




[PR]
by kogireido | 2015-04-11 17:40 | Manamiつぶやき

灯りと香り、桜

「flame+minä perhonen 」に行ってきました。

スタンドライトにminaのテキスタイルを使ったflameの灯り。
今回の新作と、発表された当時とても欲しかった2011年の作品のアーカイブス。
マットな質感の布地の雰囲気から一転して
灯りをともしたときの刺繍が浮き出るかのような存在感。
とてもとても素敵でした。
実は今度こそ我が家にと密かに思って出かけたのですが
素敵すぎて決められなかった。
空間をもう少し整えてからでないと。

灯りと、展示会のために作られたというuffuの紅茶、WELTの香り。
それらに囲まれた空間にいると
どこか旅をしているかのような気持ち。
素晴らしい展示でした。行ってよかった。

芦屋川の桜も満開でした。
d0302604_13164977.jpg




 ゆ



-------------
[PR]
by kogireido | 2015-04-06 13:18 | おでかけ
d0302604_14232445.jpg



新しくカテゴリーが増えたことにお気づきだろうか。
「Organaize」ゆみちゃんが作成してくれました。
ここのところ、また「片づけモード」な2人です。



これがねぇ~、眺めては少しずつ減ってここまでに。
全部おもちゃで「アクセサリ-」で「貴金属」ではない。
私たちの20代は「首・手首・指・耳」にこれらをつけて出動したものだ。
キラキラしてたわねぇ~。(遠い目…)



友人からのプレゼントもあったりして小さなモノにも
想い出がたっぷり。
私も往生際が悪くなってます。



「処分」つまりは「捨てる」が待っているけれど
この小さな赤い箱を眺めてはふたをする日々はまだ続きそう。
今春4年生になる姪っ子がそれこそキラキラお目目で
「かわいいね~☆」と言ってくれるうちは持っていようかと。
彼女の工作のパーツにしたっていいし、
大ぶりなモノは靴やカバンに付けてみようかと思ったり。


あ~、まだまだ。
でも衣類3袋捨てましたの。
紙モノもたっぷり。
収納空間がゆったりしていく喜び。





[PR]
by kogireido | 2015-04-03 14:32 | Organize

One Day

引き続き家の中の片づけ。
片づけ中はある意味「無」になるように意識づけているけれど、取捨選択を繰り返していると、
どうしても手が止まる箇所がある。
「捨てられないもの」
人によって様々だろう。
あなたにとって捨てられないものとは?

私は、
祖母からの3通の手紙(もう他界してしまった大好きな人)
父からのクリスマスプレゼントだったスヌーピーの箱(うちの場合最初からサンタさん=父だった)
娘が作った紙粘土のマグネット(いちごの形をしている)
4年生のときの娘としていた交換日記(8ページで終わっている・笑)
娘が少ないおこづかいで買ってくれたキーホルダー(いつもありがとう、と手紙付き)
等など。

並べてみると、この中に自分で買ったものは1つもなくて、全て家族との思い出とともに存在するものだと気付く。
そしてこれからも決してお金で買うことのできないもの。
すなわち
もうこれらは既に私の「思い出の中」
という場所に収納されているものなんだなぁと。

思い出収集家にはなりたくない。
なんとなく処分できるような気がしてきた。
でもやっぱり。もう少し、往生際悪く置いておこう。

d0302604_13463317.jpg


 ゆ



------------
[PR]
by kogireido | 2015-04-01 13:48 | Organize