ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

削ぎ落とす女たち

おもしろかった!


ゆみちゃんのモノとの付き合い方にまつわる連載。
きっと誰よりも楽しみにしていたと自負する。
最初の頃の記述で私と「会えばいつも、いつも、笑ってしまうくらいいつも
モノについて話題になる」というくだりにはパソコンの前で大笑いした。
ゆみちゃんとの会話の中であまりにも当たり前だったことに
改めて気がついたくらい。



それにしても簡潔で分かりやすく詩的で
ゆみちゃんのシコウ(思考・志向・嗜好)が
きちんと表現されていて「文章まで潔い」と感心しきり。
私の方は考えがまとまりきらず、
別館(インテリアと整理収納、掃除はセットです。)を作ってしまい
結論が出るのかはもちろん、最終回もまったく今のところ見えていない。
かといってドンドン書けるかというと最近はのんびり更新なのだが
まぁ、それが「コギレイ堂のカサツな方」ということで。




d0302604_1350552.jpg



近頃の玄関ベンチの風景。
おまけの行列。
今は姪っ子がグラデーション順に並び変えてしまった。
「8歳にしてはセンス良し!」おばバカ



はてさて、「シコウ」の違う私たちですが、
2人とも人生半ばを折り返し「削ぎ落とす」ことは同じく意識しています。
そんな中で今回の連載、本当におもしろかった!
ゆみちゃん、書いてくれてありがとう。



なんか交換日記・公開みたいでしたかね!?
素敵な連載を邪魔せぬよう、なりをひそめていましたが元気です!
46歳になりました。(こわっ!)



Manami
[PR]
by kogireido | 2014-06-21 13:56 | Manamiつぶやき

究極

肌触りが気持ちよくてお気に入りの服を何組かと
自分を素敵なところに連れて行ってくれそうな靴
個性を表す小さなかばん そして
お守りのようなアクセサリー。
私にとって、被服について考えた究極は、これらのもの。

50歳を前に自分のスタイルがそろそろ固まってきた。
白いシャツ
ベーシックな色のパンツ
薄くあたたかなニット
軽くてやわらかなはおりもの

シンプルでらくちんなお気に入りを
時々のアクセサリーやバッグ、巻物で楽しむ。
お勤めしているわけではないので
季節ごとに何枚も目新しい服もいらない。

但し、服には一生ものはないと
思っているので、
本当に気に入ったものはどんどん着る。
アイロンをかけ、クリーニングに出し、
大切に着る。

少数精鋭でいきたい。

d0302604_12475669.jpg



・・・白いシャツが好きでいつもいつも着ていたら
「似合う」と言われるようになりました。嬉しい。
年齢を重ねたからこそ、なのかもなんて思います。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-05 12:48 | Organize

管理

さて処分の目処がたち、
仕分けができてすっきりして
はい終わりかと思うといえいえ
管理するということが
なかなか行き届かず難しいわけです。

管理できるようにするにはやはり
収納スペースの中だけでなく
自分の記憶スペースも
いっぱいにならないようにせねば。

自分の許容量を超えていることが
もはやストレスになっている。
加えて、最近記憶力に自信がなくなってきた。
特に、例えば暫く使っていない書類など
一瞬どこにあるか考えてしまうように。
そして探して出してくるという行為が
すごく億劫に感じるように。
これは年齢のせいかなぁなんて思うわけです。
情けないけど。


モノの在処が明快に軽やかに頭に入るよう
スペースも気持ちもすっきりとしていたいものです。

d0302604_13272892.jpg



・・・photoは京都のSONGBIRD COFFEE
フォトジェニックなカレー
若く可愛らしい友人と。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-03 13:30 | Organize

処分

「必要なければ処分する。
それが物に対して責任を持つということ。
整理整頓は単にきれいに並べることではなく
必要なものを管理すること。」

あるデザイナーの言葉です。

 
d0302604_1632853.jpg

この冒頭の「処分」がなかなかやっかいで
手間も時間も、ともすればお金もかかる。
まずリサイクル・リユースできないか考える。
それができたら一番なわけだけど
いかんせん自分にとっては「不要」なものなので
ほとんどのものはできない。捨てることになる。
その時のなんともいえない虚しさと
身軽になる爽快さとの
両方入り混じった不思議な気持ちといったら…

「処分」するということは
つくづくエネルギーが要るもので
捨てるということはしみじみ痛みを伴うこと。
それをこれから年齢を重ねたとき、
さあしようと思っても
なかなか捗らないのだろう
ということは想像がつくわけです。


・・・photoは京都の&noma cafe
オープンキッチン好きにはたまらない眺め
ブラックのみるっこ(coffee mill)に釘付けでした。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-02 16:07 | Organize