ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お片付けの先にあるもの

d0302604_13392861.jpg
家中の片づけ…主に処分、を
ここのところ時間を見つけてはしています。

もともと余分なものは持ちたくないという考えだったので
何度も何度もあらゆる場所の整理や片づけはしてきた。つもり。

けれど今回は今までとは少し違う。
人生の折り返し地点を過ぎて
そろそろ一度、リセットしたいのだろうと思う。
物質的なものに留まらず気持ちの上でも
シンプルで健やかに穏やかにいるために。
そう、プレ終活、のような感じ。



まだ途中経過ではありますが
自分自身への記録の意味も込めて
これからここに書いていこうかなと思っています。

 
 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-05-19 13:40 | Organize

2014春 おばバカ日記

d0302604_17204416.jpg



久しぶりのおばバカ日記。


姪の誕生から甥が3年続きで誕生し
私はどんどん「おば」になっていったが
姪っ子が幼稚園の頃運動会か何かで担任の先生に突然声をかけられ
「お世話になります。(姪っ子の名前)の父の姉です。」
となんともうろたえた挨拶をしてしまった。
帰宅する途中で「おばです。」と言えばよいのだと気づいた時には
恥ずかしいやら自分のバカさ加減にあきれるやら。
それからそういう場所へ行く際は「おばです、おばです」と練習する。
姪も甥も一緒になって「おばです、おばです」連呼する。
自分への言い聞かせ。




素敵なお花屋さん。Kさん。
姪っ子を一度連れて行ってみたいと思っていました。
いっぱしの「カメラ女子」
デジイチをあやつる8歳です。
子供目線のKさん。
「素敵だった~~~」とのこと。
この日は母の日でいつもは静かなアトリエにお客様がひっきりなし。
小さな男の子がママへのプレゼントを包んでもらうのを待っていました。
にぎわうこの空間もとっても心地よかった。
忙しくてもおだやかなKさんの働く後ろ姿に
何か感じたのか姪っ子はこっそり撮っていました。
大きくなりました。



Manami



追伸*古巣の「*ルル」で「まーこ」をご存知の皆様
まるこ、こんなになりました。
(見ていただいているかなぁ?引き続き見ていただいていたら感激です!)
[PR]
by kogireido | 2014-05-13 17:35 | Manamiつぶやき
d0302604_9144747.jpg



コギレイ通の皆様へ


お知らせさせてください。
母の作品をネットショップで運営中。
その製作日記のようなブログをはじめました。
母の代筆なのでいつものような私の「毒」は今のところ封印中。
(…ってまだ3日目)
リンクにも追加させてやってください。

みきこばぁばのひまつぶしブログ


どうぞよろしくお願いします。


そこで自分の作品も出してやろうと企み中のManami
[PR]
by kogireido | 2014-05-08 09:20 | Manamiつぶやき

かばんバカ、伝染する!

d0302604_8465033.jpg



「かばんバカ」…かばんが好き過ぎるヒト。
決して貶めているのではなく「愛」を込めた呼称。
また好き過ぎて増やし続ける傾向にあるので
自分を戒めるというか「気をつけようね」と思いそう呼んでいます。
周囲にも「愛すべきかばんバカ」の多いこと!
かばんバカ、万歳!!!!!



モノスゴ久しぶりの更新なのに「バカ」連発。
どうもすんません。



小さなミシンを買いましてね。
その辺りをご存知の方、ありがとうございます。
詳細はManami別館「インテリアと整理収納…」でどうぞ。
(リンクは右欄にございます)


私はあんまり使っておりません。
ただミシンやその関連グッズの収納は嬉々として。
今冬にはまった編みモノで作ったかばん達。
母はどんどん腕を上げ、裏地をしっかり付けてくれました。
なんでしょ?さらに完成したモノがレベルアップする感じ。



母はゆみちゃんに負けず劣らずの「小かばん派」
外出時に余計なモノは持ち歩かない。
母の場合は特に加齢による要因もあるのだけれど
「今日はかばん大きい?」
私との外出時にはそう確認してきて自分のかばんに入りきらないモノは
私のかばんに入れようとする。
この確認はもはや「大きいかばんを持ってくれ」
という意味だと理解してからは
「私だって小かばん派」なのにスカスカの大き目かばんを持つ。
世のママさんがお子ちゃんのために持つのが「マザーバッグ」だとしたら
私のは「ババーバッグ」なのかある意味同じ「マザーバッグ」なのか。
「とほほ」なかばんの背景。



自分の欲しいかばんになかなか最近はめぐり会えないらしい。
そこでミシンが日常のモノになった母、作り始めてしまいました。
これは私にも作ってくれたモノ達。
小さなおもちゃのようなミシン。
リアルに母の「ええおもちゃ」
これまでの比ではない速さで「かばん繁殖中」




Manami



ええお天気です。
楽しいGWを!
[PR]
by kogireido | 2014-05-03 09:00 | ぐっず