ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「仕事」を伝える

d0302604_1225443.jpg


*とある素敵な場所で



女子大でゲスト講師として授業をさせていただいている。
もう4年になる。
「インテリアコーディネーターとは」というテーマだけ依頼されていて
内容は私に任せられている。いささか緊張のお仕事。



毎年この時期なので傘をさして学校へ。
先生もスタッフの方とももう馴染んでしまったけれど
学生さんは毎年変わる。
もう「子供」でもおかしくない彼女達にどれだけ伝わるのか。
そこが不安でもあり、緊張感もある。



昔とったナンチャラでマイクを持つのは平気。
目配りも笑いも入れて。
でも「笑い」は仕事の話となると、やはり真剣になっていくので忘れがち。
世代の違う彼女達に飽きさせない努力も必要なのに。



思うことはあふれている。
だから言葉もとめどなく。
話すことで振り返り、これからを考える。
「伝える」これも「仕事」なんだけれど
私自身の確認と勉強になっている。




本日は真面目なManami
[PR]
by kogireido | 2013-06-27 12:34 | Manamiつぶやき

祝・5周年

d0302604_120426.jpg



作りだされる器はかわいく、作りだすヒトはおもしろく。
関西編集の雑誌で一目ぼれしたお茶碗。
「ほしい、ほしい!」と思った。
その頃の私はさほど「器」というモノに興味もなく。
手に入れようとしたところ、扱っているショップはお休み中。
巡り巡って特別オープンしていただき手にした。
こうなると神がかり的に私の所へやって来た気さえする。
あの頃はまだ「初期」だったのだろうか。
もう長い間、しましまのお茶碗は私の手におさまっている。
もう5年、まだ5年。




5周年のお葉書をいただいた。
ずっと、いただいたお葉書は保管している。
こんなコレクションになった。
器の方も少しずつ増えて、気がつけば毎食
当たり前のように使っている。
あぁ、これもあれも。



松原工房さん。
着実に、確実にファンを増やして進化中。
「昔からのお客さん」
私のことをそう言ってくださり、いつもいただくお葉書には
にっこりしてしまう言葉が添えられている。
どんなモノを、どんな風に使うかを考えたら
どんなヒトが作っているのかも気になった。
どっちも素敵だと分かってからは
松原工房応援団のごとく、回し者のごとく
時々熱く書かせてもらっている。



5周年おめでとう!!!




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-06-22 12:08 | Manamiつぶやき

Granola中毒

d0302604_1585243.jpg


今年の初めくらいから
グラノーラ作りにはまってしまった。
作って食べて、なくなっては作って
また食べて…の繰り返し。

自家製で作りだすと
買ったものでは満足できなくなる。
ドライフルーツやナッツの種類や配合を
少しずつ変えて、私のグラノーラは
大げさに言うと進化している。

まわりの友人に食べてもらって
喜んでもらえるのが嬉しくて。
今回は遠くの友人や
思いがけず海を越えることに。

私のグラノーラは旅をしている。


 Yumi
[PR]
by kogireido | 2013-06-17 15:06 | Yumiつぶやき

ROOM FOREST

スウェーデンを拠点に活動されている
作家さんの吹きガラス展
床にしつらえられた板の上に
ハーブや木の実、ソープ、バスソルトと組み合わせ
様々な作品が並べられて。


やわらかな曲線から生まれる光は
どこまでもやわらかく優しく
触れて初めて
硬いガラスであることにはっとさせられる。
とろんとクリアでいてきらきら光る
それはまるで
深い森の中の湖のほとりに
立っているかのようでした。

d0302604_1712753.jpg




Yoko Andersson Yamano Exhibition "ROOM FOREST" 
 diechi 807


 Yumi
[PR]
by kogireido | 2013-06-14 17:00 | おでかけ

民藝館へ

d0302604_17163992.jpg


お散歩日和でした。

春季特別展開催中
「BLUE & WHITE 藍と白の美―そばちょこ・藍染めを中心に」

既にミュージアムショップが見えていて「危険だ!」ゆみちゃんと笑う。
小さなおちょこ達は個人のコレクションと聴き
「どこにしまってたんだろう?」と違う興味を持ってしまった。
江戸時代のモノが多く、今観てもかわいい柄もあったり。
それより一つ一つをくまなくじっくり観る男性に
「このヒトは陶芸家?」とまた違う興味をもったり。
日常でない場所に行くことっておもしろい♪


ご近所の巨大公園。
「ご近所でシアワセだねぇ~」
加齢したからでしょうか。
公園をぼんやり歩くこと、古いモノを観ることが
ちょいと楽しい。
そういえば加齢に磨きをかける「お誕生日月間」




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-06-03 17:26 | おでかけ