ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Manamiつぶやき( 43 )

調子にのりましたの。

d0302604_9175914.jpg



かご。直径11センチくらい。
どちらの編み方を見せるかで表情も形も違って見える不思議。
毛糸ではなく「編物界の工作」みたいなものを作る時に使う糸。
カード状のモノにさしたり、そのままで使ったりする。
小学生の時の「夏休みの工作」は母の指導のもと
小物入れやかばんを作ったなぁ。
懐かしい。


それを編むので力がいったけれどしっかり&がっちり。
「おもしろいじゃない♪」師匠の言葉。



Manami
[PR]
by kogireido | 2013-11-17 09:23 | Manamiつぶやき

編んでみましたの。

d0302604_16311215.jpg






「編める」と胸をはっては言えません。
家に「編物職人さん」いや「師匠」がいますから。
でも時々いたずらのようにしてみたくなる。


かぎ針だから「てきと~♪」と言いたいところだが
「なんか違う…」ほどくことも多い。
ふふふ~ん♪楽しい!




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-11-16 16:33 | Manamiつぶやき

再会

d0302604_10461477.jpg



ゆみちゃんとも出会った職場での元・同僚。
「私の知っている素人・女子で一番おもろいで」
そう言ったことがある。
諍いがあったわけではなく、疎遠になって随分。
ゆみちゃんと時折彼女のことを「どうしているかなぁ?連絡を待とうね」と
言い合っていた。
その日は突然来た!
詳細は書き控えるけれど何年分もの出来事を電話で話すのに
3時間では足りず「近々会おうね」と約束。
「おもろくて強い女子」になった彼女に会えることを想うと
懐かしくうれしく、涙まで出そうだ。



私の暑苦しいうんちくブログ「インテリアと整理収納、掃除はセットです。」
こちらで言葉を交わすようになった方とお会いした。
初対面なのに旧知の仲のような居心地でとても楽しい時間だった。
彼女と出かけたイベントで偶然知人に再会。
会わなくなって随分時間が経ち、最近「どうしているかなぁ?」と
思い出していたところだったので驚きもした。
「会いたいなぁと思っててん!!!」
お互いの今の年齢に「きょえ~~~!!!」となった。




なんかね、不思議なことってあるよね。
何ってことがあったわけではないけれど途切れた縁が再びつながったり、
文字を通して信頼しあえたりすることもある。
それは「つながりたい」っていう自分の「想い」も関係あるのかな。






…なんや珍しく神妙な話になったような。
「あまちゃん」「半沢直樹」が終わってどうしたらいいか途方に暮れる
Manami
[PR]
by kogireido | 2013-09-29 11:02 | Manamiつぶやき

秋色あじさい -その後-

d0302604_11335322.jpg




真っ赤だった、秋色あじさい。
日当たりのいい場所にあえて置いたまま、この猛暑。
「ええ色」に変わりました。
(hiromiさんのはいかが~?:私信)



もうすぐ8月も終わる。
「とある素敵な場所」へ行かなくちゃ!




Manami




追記:明日(27日)の「あまちゃん」に大好きな松原工房さん
ラストのお写真コーナーです☆
[PR]
by kogireido | 2013-08-26 11:43 | Manamiつぶやき
d0302604_11164838.jpg



母が年長者特有の目の病気が進行して手術をすることに。
「お産以外入院したことない」
そんな母の入院準備はどこか楽しそうで。
ところがいろんな理由により日帰り手術と通院になった。
「おうちで入院」そんな事態に。



近頃の出来事でした。
片目が終わり順調に回復中。
「世の中は明るい!私の顔はシミだらけ!」
飛躍的に視力が上がった母は興奮状態。
もう片目の手術をひかえています。



そんな日々の中、ゆみちゃんより美味しいモノを。
手づくりのお菓子はゆみちゃんのご友人によるもの。
詳細は長くなるし省かせていただくが、
ゆみちゃんがそのご友人に会う際に私も来ると思っていただいたようで
私の分まで作ってくださったとのこと。
うれしすぎる。



ちょうど母の手術の前日だったので
「途中でお腹が空いたらどうしよう!?」
母の心配は「そっちかい!?」ということが重要なようで
いただいたお菓子を私のかばんに入れ病院へ向かった。
「お腹が空いたらあげるから!」
母娘って、ある日逆転するのです。



病院でいただくことはなく、帰宅していただいた。
「ゆみちゃんのお友達の思いやりだからねっ!」
ありがたくいただいた。
美味しかった♪
「ゆみちゃんにお礼を伝えてね」とお願いしたが
ここに書きたくなった。



ありがとうございます。




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-07-20 11:27 | Manamiつぶやき

「仕事」を伝える

d0302604_1225443.jpg


*とある素敵な場所で



女子大でゲスト講師として授業をさせていただいている。
もう4年になる。
「インテリアコーディネーターとは」というテーマだけ依頼されていて
内容は私に任せられている。いささか緊張のお仕事。



毎年この時期なので傘をさして学校へ。
先生もスタッフの方とももう馴染んでしまったけれど
学生さんは毎年変わる。
もう「子供」でもおかしくない彼女達にどれだけ伝わるのか。
そこが不安でもあり、緊張感もある。



昔とったナンチャラでマイクを持つのは平気。
目配りも笑いも入れて。
でも「笑い」は仕事の話となると、やはり真剣になっていくので忘れがち。
世代の違う彼女達に飽きさせない努力も必要なのに。



思うことはあふれている。
だから言葉もとめどなく。
話すことで振り返り、これからを考える。
「伝える」これも「仕事」なんだけれど
私自身の確認と勉強になっている。




本日は真面目なManami
[PR]
by kogireido | 2013-06-27 12:34 | Manamiつぶやき

祝・5周年

d0302604_120426.jpg



作りだされる器はかわいく、作りだすヒトはおもしろく。
関西編集の雑誌で一目ぼれしたお茶碗。
「ほしい、ほしい!」と思った。
その頃の私はさほど「器」というモノに興味もなく。
手に入れようとしたところ、扱っているショップはお休み中。
巡り巡って特別オープンしていただき手にした。
こうなると神がかり的に私の所へやって来た気さえする。
あの頃はまだ「初期」だったのだろうか。
もう長い間、しましまのお茶碗は私の手におさまっている。
もう5年、まだ5年。




5周年のお葉書をいただいた。
ずっと、いただいたお葉書は保管している。
こんなコレクションになった。
器の方も少しずつ増えて、気がつけば毎食
当たり前のように使っている。
あぁ、これもあれも。



松原工房さん。
着実に、確実にファンを増やして進化中。
「昔からのお客さん」
私のことをそう言ってくださり、いつもいただくお葉書には
にっこりしてしまう言葉が添えられている。
どんなモノを、どんな風に使うかを考えたら
どんなヒトが作っているのかも気になった。
どっちも素敵だと分かってからは
松原工房応援団のごとく、回し者のごとく
時々熱く書かせてもらっている。



5周年おめでとう!!!




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-06-22 12:08 | Manamiつぶやき

あまちゃん

d0302604_13534323.jpg



いいのか!?テレビの話題よ。
だって旧友が「書いて!」って言うんですもの。


あまちゃん。
周囲ではまりにはまる同年代、多数。
会えば「観てる?」とひとしきり話しこんでしまうくらい。
私の場合、朝は2度観る。
7:30からBSで、8:00からNHKで。
これは「ちりとてちん」以来の快挙だ。
(私の中では「ちりとてちん」が1番だったがどうなる!?
朝ドラ名作順位!)


今日はついにキョンキョンが歌ったじゃないのぉ。
なんだかうれしい♪
「潮騒のメモリー」って「スターダスト・メモリー」と
「メモリーかぶり」じゃない!?
「スターダスト・メモリー」は私の十八番で
カラオケに行けば友人達が勝手に入れてくれてたほど。
キョンキョンが乗り移ります。
あぁ、「昭和50年代しばり」でカラオケに行きたいっ!
(…ってここ何年も行ってない)


春子の「部屋」も「ヘア」もツボ過ぎて。
アイドルグッズ、なめネコ、Wラシカセはもちろんなんだけど
壁の「パジャマ入れ」が気になって。
人形の顔に体の部分が袋になっているやつ。
どこの子供部屋にもあって、雑貨の「お楽しみ袋」(=福袋)には
絶対入っていていくつも持っていた。
子供部屋のインテリアグッズだったと、今思う。
なんでなくなったんだろう?
なんか欲しくなってきた。


「聖子ちゃんカット」
母の友人に美容師さんがいて、ご自宅で髪を切ってもらってた。
その「おばちゃん」にこっそりサイドだけパーマをあてて
髪を流れやすくしてもらっていた。
毎週月曜の朝礼時にある「風紀点検」でいつも
疑惑の目を向けられたけれど。


クルクルドライヤーや大きなくしが手放せず、
右手にくっついてしまっているんじゃないかってくらい。
髪の毛に青春をかけていた。
卒業式の前日には「明日はクルクルしてくるな!」担任の先生
1組で女子の出席番号ラストな私は入場する時に卒業生の先頭。
注目されるからということと、席が来賓のすぐそばなので
どうやらまずいことらしい。
いつもにまして「クルクル」して行ったのは言うまでもありません。
この時代に「クルクルドライヤー」と「ヘアスプレー」が進化したはず。
「聖子ちゃんカット」は経済効果よ!


「何をそんなことに必死に?」
大人から見ればつまんないことに一生懸命だったあの頃。
懐かしくてしょうがない、そんな同世代がわんさかいるのだろう。
なんでしょう?
朝ドラが楽しい♪



…ってテレビ語りになってしまいました。
友人一同「ビバ!あまちゃん!」って感じです。
ドンピシャなのでしょうね、私達。
はまってますか?




Manami
[PR]
by kogireido | 2013-05-18 14:51 | Manamiつぶやき

かかりつけ

d0302604_12372233.jpg


二十歳から同じ歯医者さんでお世話になっている。
「お父さん先生」と「娘先生」がいらして、
私は「娘先生」にお世話になっている。
先生は私よりちょいとお姉さんなだけなので
最初から「歯医者」という恐怖も感じない親近感があった。



先日15歳からの友人に「どこかいい歯医者はない?」と訊かれ伝えた。
早速友人は診てもらって
「最新のコンピューターとか最新治療をやたらすすめるとこじゃなく
先生が同時進行でテキパキ診てていい!
懐かしい感じの歯医者さん!通う!!!」
とても満足した様子だった。


最新のコンピューター?
私はずっと「娘先生」に診てもらっていて、そんなの知らない。
私の歯のことは先生がずっと知ってて、心配もしてくれて、
今後の計画(入れ歯・笑)もしてくれる。
私だけでなく他の患者さんもそうなのだから
先生の頭の方がコンピューターより勝っていると思う。



「お嬢さんとお友達なのね?」娘先生が旧友に。
私から遅れること数年後から、母もお世話になっている。
ここの歯医者さんでは母は「お母さん」、
私は「お嬢さん・娘さん」と呼ばれる。
「?????」旧友
お嬢さん=自分と同い年の私、ピンとこなかったそうだ。
「お嬢さんとはうちの娘達くらいの子のことだ」だそう。



しっかり「おばちゃん」なんだけど、誰も呼ばないし。
それより「お嬢さん・娘さん」と呼ばれる機会、いまだに結構ある。
「お父さん先生」はとっくに引退されて、
立派になったのに先生も「娘先生」のまま。
かかりつけの歯医者さん、結構年季入っちゃった。
先生も私も「お嬢さん」のまんまだけど。
このまま「おばあさん」になっても2人して気づかないでおこうっと。



って、長文な上に久々の更新で何の話でしょ。
旧友に紹介した件で改めて暮らしの中で
お世話になっているヒトのことを想いました。
「かかりつけ」ええ響きです。
モノやサービス、やはり最後はヒトに行き着く気がする。


あっ、画像は先日ロハスで。
ボーダーはその旧友とおそろい。
一緒に着ては歩きませんけどね♪
柄モノの方はロハスの翌日、全然違う場所でよそのヒトが着ているのに
旧友が遭遇し隠れるように撮って写メしてくれましたが
私のガラケーでは見れませんでした。
やってることは15歳の頃とあまり変わりません。携帯はなかったけど。



Manami
[PR]
by kogireido | 2013-05-17 13:01 | Manamiつぶやき

のんびりGW

d0302604_16223410.jpg


今年のGWはのんびり過ごしました。
近場でうろうろが多かったのですが、母方の祖母のお墓参りへも。
私と弟達、いとこ達の5人は年齢も数珠つなぎで
幼い頃にこのお墓へ一緒にピクニックのように出かけたものです。
上弟不在でしたが「元・子供達」4人が顔を合わせて。
「ええ年もええ年」になった私達に
あっちへ行ってしまった祖母も驚いていることと思います。
おじも入ってしまいましたし。



旧友の中で早くに結婚、ママになった友人。
まぶしいくらいにキラキラした時を迎えた娘ちゃん達はGW満喫中。
「留守番なんだけど…」に急遽ランチ&ぶらぶら歩き。
15歳からの付き合いなので「昔やったあほなことシリーズ」を思い出して
笑い転げたり、新しくできたお店をひやかしたり。
なんだか昔の過ごし方に戻ってる!?
違うのはお互い「長ロングヘア」だったのに
「楽ちんショートヘア」になっていること。
女の子も古くなりますと、問題(白髪とか)も発生し横着になるものね。


…となんとも変な記事になったような。
GW最終日、お疲れさまでした♪
あっ、画像は母の新作「夏のマフラー」
縁飾りは「四葉のクローバー」
こんだけあったら、「ハッピー満点」です。



Manami
[PR]
by kogireido | 2013-05-06 16:41 | Manamiつぶやき