ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Manamiつぶやき( 43 )

旬なモノを見送る残念

d0302604_8395153.jpg



タケノコアレルギー。
「私も!」ってヒトに初めて出会い、
「この季節、外食注意なんだよねぇ~」と。
「旬なモノ」をいただけないって残念賞。
(画像のランチはタケノコなし!確認要なのよ~)




[PR]
by kogireido | 2015-04-24 08:44 | Manamiつぶやき

映画部はなくなれど…

ご近所映画館が閉館になってしまって随分。
そのことをCityLifeで記事に書かせてもらったところ
関西ローカルニュース特番で「画像を使用したい」とのこと。
私が出るわけではないのにほんの数秒に興奮した。


WOWOWに加入してまして。
きっかけは「パンとスープとねこ日和」観たさ。
小林聡美ファミリー(?)のドラマや映画ははずせないと
母にも思わせたところが功を奏したと言える。
オリジナルのいいドラマをやってたり、
先の映画館とセレクトが似ていて「私にはツボ」な作品が多いので
「家に居ながら映画部」存続中。


老眼にむち打ち(?)、「パンとスープ…」の原作を読んだ。
「かもめ食堂」は原作を読んで「???」な部分が
(お店の開業資金とか、登場人物の個々の背景とか)
「あ~、そうなのね!」とよかったけれど
こちらは「映像だけでよかったなぁ」と感じる。(個人的感想)
それにしても「目の老化」により本離れするとは
想いにもよらなかったが、本の整理に拍車がかかる。
でもこのまま読まなくなるのはさみしく、図書館通いは続けている。
借りて読むので増えもせず「ええ感じ」


d0302604_17364915.jpg


映画部Nちゃんのご飯。
お出かけする予定がめんどくさくなって、ささっと作ってくれた。
Nちゃんの家は居心地がいい。
「それは私が選んだモノがいっぱいあるからだ」と我に返るのは自画自賛だろうか。




[PR]
by kogireido | 2015-04-11 17:40 | Manamiつぶやき

起立!

d0302604_16221331.jpg



2週間前に伺った際もキチンと立っていた。
そのたたずまいが好ましく、わが家にも1輪いただいて帰った。
「あんたもね、まっすぐ立ってよ!」
話しかけながら玄関に。


2週間後、花は大きくなることも、咲くこともなくそのままで
茎がグンと伸びているのが一目で分かる。
「いやぁ~、背伸びてる~~~!」
「この子、背ぇ、高っ!!!」
心の声にしておきたいのに全部口に出る。
物静かなオーナーのKさんがコロコロと笑う。


「この子はニンゲンで言うたら190センチくらいちゃう!?
バスケの選手かなぁ~。顔が小さくて観月ありさ!?」
私の心の声はだまることができず。


わが家のはグニャグニャだ。
Kさんとこのはこちらまで背筋が伸びそう。
「凛と。」だろう。




[PR]
by kogireido | 2015-03-30 16:31 | Manamiつぶやき

前髪あり

d0302604_1552395.jpg


アコルトさんにて。



「おでこにラッキーが来る!」
そう思っていて、姪っ子にも言う。
長年、おでこを出したヘアスタイルをしてきたが
この度、パッツン!
久しぶりだ。


帰り道、おじいちゃんに手をひかれた小さな女の子とすれ違う。
同じ髪型だった。
帰宅して「子供か!?」母



まなみ
[PR]
by kogireido | 2015-03-19 15:08 | Manamiつぶやき

1月は行っちゃった!

d0302604_10475224.jpg



「更新してへんやろっ!」
おもしろYuちゃんのブログチェックが入った。
なまけていると注意される。
ありがたい存在。


画像はKさんにて。
ガラケー撮影でもええ感じ。


わが家のあちこちにKさんのお花があるのだけれど
「枝モノ」は超長持ちで思い出せないくらい前にいただいたモノが
いまだに健在である。
お正月の花にいたってはKさんも驚きのそのまま状態。


「もう片づけんでええで」Yuちゃん
わが家はもう整理するモノはないと言ってくれるのだが
自分的にはまだまだあってゴミの日になると
「何か捨てるモノはないか」とムズムズする。


植物にはそんな意識がはたらかない。
落ちた実も、もうベストな状態ではない花も
味があることをKさんに教わったから。
そして部屋の中で「ええ感じ」に見えるためには
やはりスッキリした空間を維持したいと思う。



あら、まじめ口調になりました。


まなみ
[PR]
by kogireido | 2015-02-07 10:58 | Manamiつぶやき

Kさんのお花でお正月

d0302604_16213498.jpg



年末に末弟のお嫁ちゃんが「お正月のお花」を届けてくれます。
もう何年になることだろう。


2014年末に届けられたお花はKさんのモノでした!!!
すごい迫力です☆
築30年を超える小さなマンションのわが家の玄関が
「ホテルのロビーか!?」と見まがうほど。


えっと、全景もお届けしましょ!

d0302604_1626425.jpg



今年も行かせてもらいましょ♪



まなみ
[PR]
by kogireido | 2015-01-09 16:27 | Manamiつぶやき

2015年だけど、2014年の話

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


前回のゆみちゃんの記事にホロリ。
「よいお年を」とメルシーさんでの忘年会で挨拶したのに
私達はまた突然に集合して、懐かしい大好きなご夫婦と
お二人の新しいご家族に会いに出かけました。

d0302604_11345289.jpg

「突然」はホントは違って。
行きたいと思っていた、切実に。
でも年末ということもあり約束は不確か。
それでもいつでも飛び出せるようにスタンバイして
ゆみちゃんからの「出発!!!」合図を待っていた。
モノレールの車中での待ち合わせも手慣れたものになっているが
向かった先のカフェも久しぶりの訪問で
懐かしい気持ちでいっぱいの道のりは久しぶりの「遠足」に思えた。



d0302604_11405907.jpg
ロカリテさんご夫妻が、はじめましてのかわいいお嬢ちゃんがいらした。
懐かしいロカリテさん。
私達が「遠足」と称してカフェや雑貨屋さんへと出かけていた頃に
時々行かせていただいた。
そんな様子をブログで綴ったところ、「凛と。」を共に行った
hiromiさんが読んで下さりリアルなお友達になった。
「こんにちは!」と行かせていただける素敵な場所。
何よりご夫妻のことが好きだったんだと思う。(照)
久しぶりにお会いして過去形ではないことを実感。
ホントにたくさんの思い出があって書ききれない。
なんともあたたかな気持ちの帰り道、
ゆみちゃんと「今度こそよいお年を」笑った。
いい年末だった。




2個目の画像はロカリテさんのお店グッズなどのマーケットで
いただいてきたモノ達です。
赤いスプーンは大阪のお店を閉められる際に最後の訪問でいただいたモノも一緒に。
最後にいい時間をありがとうございました。
ぜひまたお会いできることを楽しみにしています。


そしてゆみちゃん、コギレイ堂も10周年。
今年もよろしくね!
コギレイ通の皆様も♪


まなみ

[PR]
by kogireido | 2015-01-07 11:55 | Manamiつぶやき

木枯らしだって!

d0302604_2191656.jpg



三度、マフィン。
今度はリンゴ。
その日は売りに売れており、ラストプレートの一つ!



美味しいモノをいただいていますが、
10キロ以上減ったんだぁ~私。(自慢のようでごめんね)
バスに間に合うし、服はストンと着れるんだぁ~。
ショールームのおねえちゃんに戻れるかなぁ~。
無理だなぁ~、年がなぁ~、白髪がなぁ~。


…て、なんて書きだしなんだか。
急に寒くなりました。ビックリ!
今日はトレンチコートを着たよ。
ボタンが閉まらないのにかわいいから買って無理やり着てたんだけど
前が閉まるよぉ~。(またこの調子に戻りそう…)
「かわいいトレンチ」ってないでしょ!?
その頃アメリカのファッションチェック(クローゼットもチェック)を観ていて
「必須アイテム」に「トレンチコート」があって
「私は着ないアイテム」だと思っていたんだけどこれに遭遇した時は「ひとめぼれ」
裾も袖もフレア気味の好きなグリーンがかった色。
一生モノだと思っている。
ちゃんと今後の人生は「前が閉まる」状態でありたい。



木枯らしもふきました。
これからドンドン気忙しくなります。
でも12/12&13のご予定をちょっと空けておいていただけたらうれしいです。
もうちょっとしたらお知らせします。
今日も「みょ~なつぶやき」でした。



Manami
[PR]
by kogireido | 2014-10-28 21:21 | Manamiつぶやき

いつもの場所

d0302604_10431584.jpg




「いつもの場所」
そう呼ばせていただくにはおこがましい気持ちがしなくもないけれど、
ご近所で「こんにちは!」とドアを開けさせていただいて
その場所のオーナーさんとお話しすることも楽しみな場所は
もう私にとっては「いつもの場所」だと思っている。


若い頃はオープンしたてだとか、流行っている場所に
足を運んだものだけれど加齢と共にそこんとこ違ってくる。
どちらもまだまだ興味があるけれど、
ご近所でしかも「プラスα」のお楽しみ付きな場所がある方が
暮らしは楽しいと気づいた。
大人になったものよ。(加齢と呼ばないで)


「書くこと」をさせてもらうにあたり、取材先は自分で決めるのだけれど
「いつもの場所」はホントは秘密にしておきたい気持ちと
「他のライターさんに書かれるのはイヤだな」という気持ちが
私の中で葛藤する。
「他のヒトが書くなら私が書きたい!」結論に至る。


「いつもの場所」の「美味しいとこ」
私が書くならというもったいない理由でご承諾いただけた。
いいのだろうか、本当に書いて。
常連さんもたくさんおられ、もう記事になんてする必要もない人気店になっている。
私の記事がそれほどの影響力があるとは思えないが心が右往左往。
せっかくご承諾いただいたのだから、きちんと素敵な記事を書きたい。


「いつもの場所」、別館で「とある素敵な場所」で登場しまくりの場所も
同じく「秘密にしておきたい」と「他のヒトが書くなら私が書きたい!」が葛藤。
そのことをお話ししたところいつもの笑顔で快諾。
こちらも頑張る!
「記事に主観はいらない」と言われたが
「書かせていただく記事の選択は私の主観(素敵な場所だということ・伝えたいこと)」をこめたい。



Manami
[PR]
by kogireido | 2014-09-13 10:43 | Manamiつぶやき

映画部の行方

d0302604_16225341.jpg




ご近所映画館が昨日で閉館した。
「友の会」みたいな会員になって3年。
Nちゃんと「映画部」と称して週末に「ランチ部」を兼ねたり
平日に一人でのんびり訪れたこともあった。
映画を観るならわが家か、ここかと言っても過言ではない。
時々(ホントに時々)行くシネコンはなんだか居心地が悪いくらい。



最終日のお昼間に旧友Miちゃんが「ありがとう観覧」に行ったと
夜にそれはそれはアツイ報告メールをくれた。
閉館の噂を聴いた時も「なんで!」「これからどうする!?」と
オタオタするメールがNちゃんとMiちゃんの両方といったりきたり。
今回も「かなし~!」とこれまでの想い出メール大会。
(私がガラケーのためラインではなく、こういう状況の度にスマホにしろと勧められる)



「書いてよ!」
旧友Miちゃんは時々言う。
前回は「あまちゃん」だったか。
言われる前に書きたいと先日お知らせした場所で
「デビュー記事」として書かせてもらった。
「映画部・Nちゃん」のお姉ちゃんが「この記事、「いいね」多いで!」
私が知りもしない機能&状況を教えてくれた。
「やっぱりさぁ~、地元民の愛やなっ!」Miちゃん、フンガフンガ気味。
彼女はここがホントの地元、子供のころから家族で通ったというのだから
「最終日にどうしても行きたかった」というのもうなずける。
でも10代の終わりにMiちゃんのお母さんがもらった券で
戦い系の歴史ものを2人で爆睡したことも覚えているだろうか。
「とわ~~~っ!」とか大音量の中で眠れたのは
10代だったからだと今では変な感心をしてしまうけど。



今の街に住んで30年を迎えた。
「いつもの映画館」かこれからは「想い出」になっていくのかと思うと
なんとも表現しがたい気持ちでいる。
ちょっとマニアックな映画のセレクトだったけれど、
「ツボ」なものが多くて普通のヒトより「映画は映画館で」という暮らしをしてきた。
シネコンは苦手だな。
「やっぱりやめるのやめました」そんなお知らせが来ないだろうか。
来ないだろうなぁ。
「映画館の跡がパチンコ屋になるのだけは許さないっ!」
メールからも伝わるほど力強く言ったMiちゃんに「清き1票」を投じる。




Manami
[PR]
by kogireido | 2014-09-01 16:44 | Manamiつぶやき