ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Organize( 8 )

d0302604_17372634.jpg



2015.4.12撮影・自室


私もカタヅケ中。
しかし、以前ほどガツガツ作業が進まないのは
全体量の減少が理由だと思う。
家具も結局「古いモノだがいいモノ」が生き残り。
自分で意図して「減らす」を行なっている最中、
「壊れかけ」的な状態チラホラ。


まず「wii」が変な音を立てていたと思ったら
「ディスクを読み込めません」エラー。
調べるよぉ~、困ったことがあったらネットで。
専用クリーナーでまずトライ。
何でも「お掃除」が大切よ!
復活!!!!!
やるやん!やればできるやん!
こういう時、「弟達を頼る癖」(母は「息子達を頼る癖」)も
治さねばと「とりあえず自分でやってみる」を実践中。
ちょうど母の友人も居てみんなで拍手。
「なんじゃそりゃ!?」の修理(?)だったのだけれど
またダメよ…とほほだわ。
76歳のゲーマー、スーパーファミコン出してきてやってるよ。


洗面所の引き戸が重い。
「ソフトクローズ」(軽い力でゆっくり閉まる)のはずが
途中で止まったり、モノスゴ力がいったり。
調べるよぉ~、困ったことがあったらネットで。(再び)
高齢の母娘で挑戦するも、ますます重くなって降参。
こういう時に頼める業者さんが見つかったので週明けに電話。
やっぱりマンションに居て(うちのマンションの細かなお仕事をよくされている)
いつものように寡黙に調べてどうするかを説明してくれる。
部品を取り寄せて替えてもらうことに。
「8年目」家電もだけど、メンテ注意報だ。



ダラダラと。
別館より私的ですんません。
だって読んでいただいているのは多分友達。
お会いしたことがなくても、きっと友達。





[PR]
by kogireido | 2015-04-14 17:55 | Organize

文庫本

引き続きお片づけ。
幾度かの整理整頓を重ねて75冊に厳選された文庫本。
大好きな作家さんのものばかりが残っていて
内容もすらすら言えるほど何度も読んだものばかり。
それがどうだろう
ここ5年くらいは開くことがなかった。
かつては電車の中で、カフェで
ちょっとの時間も惜しんで文庫本を開いていた。
それが今はiPhoneを眺める時間にとってかわった。
全くいい傾向ではない。
加えて、単行本ですら老眼鏡をかけるというのに
さらに小さい活字の文庫本なんて読むのだろうか。
いろいろ切なくなりながら25冊にする。

1in1out という言葉を友人から教えてもらう。
すっきり暮らす方の名言だそう。
1つ増やすと1つ減らすこと。素晴らしいです。
モノの量を常に更新し、これから増やすことはもうなく、むしろ減らす、つまり今現在がMAXの量であるようにするためには
私は1in2out を目指したい。

d0302604_1338594.jpg

中崎町のフレンチ食堂セルクルさん。
小さなお店だけどビストロメニューが美味しくて。
カトラリーやおてふきなど引き出しの中にセットされている。
わくわくしました。


 ゆ

------------
[PR]
by kogireido | 2015-04-13 13:44 | Organize
d0302604_14232445.jpg



新しくカテゴリーが増えたことにお気づきだろうか。
「Organaize」ゆみちゃんが作成してくれました。
ここのところ、また「片づけモード」な2人です。



これがねぇ~、眺めては少しずつ減ってここまでに。
全部おもちゃで「アクセサリ-」で「貴金属」ではない。
私たちの20代は「首・手首・指・耳」にこれらをつけて出動したものだ。
キラキラしてたわねぇ~。(遠い目…)



友人からのプレゼントもあったりして小さなモノにも
想い出がたっぷり。
私も往生際が悪くなってます。



「処分」つまりは「捨てる」が待っているけれど
この小さな赤い箱を眺めてはふたをする日々はまだ続きそう。
今春4年生になる姪っ子がそれこそキラキラお目目で
「かわいいね~☆」と言ってくれるうちは持っていようかと。
彼女の工作のパーツにしたっていいし、
大ぶりなモノは靴やカバンに付けてみようかと思ったり。


あ~、まだまだ。
でも衣類3袋捨てましたの。
紙モノもたっぷり。
収納空間がゆったりしていく喜び。





[PR]
by kogireido | 2015-04-03 14:32 | Organize

One Day

引き続き家の中の片づけ。
片づけ中はある意味「無」になるように意識づけているけれど、取捨選択を繰り返していると、
どうしても手が止まる箇所がある。
「捨てられないもの」
人によって様々だろう。
あなたにとって捨てられないものとは?

私は、
祖母からの3通の手紙(もう他界してしまった大好きな人)
父からのクリスマスプレゼントだったスヌーピーの箱(うちの場合最初からサンタさん=父だった)
娘が作った紙粘土のマグネット(いちごの形をしている)
4年生のときの娘としていた交換日記(8ページで終わっている・笑)
娘が少ないおこづかいで買ってくれたキーホルダー(いつもありがとう、と手紙付き)
等など。

並べてみると、この中に自分で買ったものは1つもなくて、全て家族との思い出とともに存在するものだと気付く。
そしてこれからも決してお金で買うことのできないもの。
すなわち
もうこれらは既に私の「思い出の中」
という場所に収納されているものなんだなぁと。

思い出収集家にはなりたくない。
なんとなく処分できるような気がしてきた。
でもやっぱり。もう少し、往生際悪く置いておこう。

d0302604_13463317.jpg


 ゆ



------------
[PR]
by kogireido | 2015-04-01 13:48 | Organize

究極

肌触りが気持ちよくてお気に入りの服を何組かと
自分を素敵なところに連れて行ってくれそうな靴
個性を表す小さなかばん そして
お守りのようなアクセサリー。
私にとって、被服について考えた究極は、これらのもの。

50歳を前に自分のスタイルがそろそろ固まってきた。
白いシャツ
ベーシックな色のパンツ
薄くあたたかなニット
軽くてやわらかなはおりもの

シンプルでらくちんなお気に入りを
時々のアクセサリーやバッグ、巻物で楽しむ。
お勤めしているわけではないので
季節ごとに何枚も目新しい服もいらない。

但し、服には一生ものはないと
思っているので、
本当に気に入ったものはどんどん着る。
アイロンをかけ、クリーニングに出し、
大切に着る。

少数精鋭でいきたい。

d0302604_12475669.jpg



・・・白いシャツが好きでいつもいつも着ていたら
「似合う」と言われるようになりました。嬉しい。
年齢を重ねたからこそ、なのかもなんて思います。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-05 12:48 | Organize

管理

さて処分の目処がたち、
仕分けができてすっきりして
はい終わりかと思うといえいえ
管理するということが
なかなか行き届かず難しいわけです。

管理できるようにするにはやはり
収納スペースの中だけでなく
自分の記憶スペースも
いっぱいにならないようにせねば。

自分の許容量を超えていることが
もはやストレスになっている。
加えて、最近記憶力に自信がなくなってきた。
特に、例えば暫く使っていない書類など
一瞬どこにあるか考えてしまうように。
そして探して出してくるという行為が
すごく億劫に感じるように。
これは年齢のせいかなぁなんて思うわけです。
情けないけど。


モノの在処が明快に軽やかに頭に入るよう
スペースも気持ちもすっきりとしていたいものです。

d0302604_13272892.jpg



・・・photoは京都のSONGBIRD COFFEE
フォトジェニックなカレー
若く可愛らしい友人と。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-03 13:30 | Organize

処分

「必要なければ処分する。
それが物に対して責任を持つということ。
整理整頓は単にきれいに並べることではなく
必要なものを管理すること。」

あるデザイナーの言葉です。

 
d0302604_1632853.jpg

この冒頭の「処分」がなかなかやっかいで
手間も時間も、ともすればお金もかかる。
まずリサイクル・リユースできないか考える。
それができたら一番なわけだけど
いかんせん自分にとっては「不要」なものなので
ほとんどのものはできない。捨てることになる。
その時のなんともいえない虚しさと
身軽になる爽快さとの
両方入り混じった不思議な気持ちといったら…

「処分」するということは
つくづくエネルギーが要るもので
捨てるということはしみじみ痛みを伴うこと。
それをこれから年齢を重ねたとき、
さあしようと思っても
なかなか捗らないのだろう
ということは想像がつくわけです。


・・・photoは京都の&noma cafe
オープンキッチン好きにはたまらない眺め
ブラックのみるっこ(coffee mill)に釘付けでした。

 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-06-02 16:07 | Organize

お片付けの先にあるもの

d0302604_13392861.jpg
家中の片づけ…主に処分、を
ここのところ時間を見つけてはしています。

もともと余分なものは持ちたくないという考えだったので
何度も何度もあらゆる場所の整理や片づけはしてきた。つもり。

けれど今回は今までとは少し違う。
人生の折り返し地点を過ぎて
そろそろ一度、リセットしたいのだろうと思う。
物質的なものに留まらず気持ちの上でも
シンプルで健やかに穏やかにいるために。
そう、プレ終活、のような感じ。



まだ途中経過ではありますが
自分自身への記録の意味も込めて
これからここに書いていこうかなと思っています。

 
 Yumi
[PR]
by kogireido | 2014-05-19 13:40 | Organize