ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いつもの場所

d0302604_10431584.jpg




「いつもの場所」
そう呼ばせていただくにはおこがましい気持ちがしなくもないけれど、
ご近所で「こんにちは!」とドアを開けさせていただいて
その場所のオーナーさんとお話しすることも楽しみな場所は
もう私にとっては「いつもの場所」だと思っている。


若い頃はオープンしたてだとか、流行っている場所に
足を運んだものだけれど加齢と共にそこんとこ違ってくる。
どちらもまだまだ興味があるけれど、
ご近所でしかも「プラスα」のお楽しみ付きな場所がある方が
暮らしは楽しいと気づいた。
大人になったものよ。(加齢と呼ばないで)


「書くこと」をさせてもらうにあたり、取材先は自分で決めるのだけれど
「いつもの場所」はホントは秘密にしておきたい気持ちと
「他のライターさんに書かれるのはイヤだな」という気持ちが
私の中で葛藤する。
「他のヒトが書くなら私が書きたい!」結論に至る。


「いつもの場所」の「美味しいとこ」
私が書くならというもったいない理由でご承諾いただけた。
いいのだろうか、本当に書いて。
常連さんもたくさんおられ、もう記事になんてする必要もない人気店になっている。
私の記事がそれほどの影響力があるとは思えないが心が右往左往。
せっかくご承諾いただいたのだから、きちんと素敵な記事を書きたい。


「いつもの場所」、別館で「とある素敵な場所」で登場しまくりの場所も
同じく「秘密にしておきたい」と「他のヒトが書くなら私が書きたい!」が葛藤。
そのことをお話ししたところいつもの笑顔で快諾。
こちらも頑張る!
「記事に主観はいらない」と言われたが
「書かせていただく記事の選択は私の主観(素敵な場所だということ・伝えたいこと)」をこめたい。



Manami
[PR]
by kogireido | 2014-09-13 10:43 | Manamiつぶやき