ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画部の行方

d0302604_16225341.jpg




ご近所映画館が昨日で閉館した。
「友の会」みたいな会員になって3年。
Nちゃんと「映画部」と称して週末に「ランチ部」を兼ねたり
平日に一人でのんびり訪れたこともあった。
映画を観るならわが家か、ここかと言っても過言ではない。
時々(ホントに時々)行くシネコンはなんだか居心地が悪いくらい。



最終日のお昼間に旧友Miちゃんが「ありがとう観覧」に行ったと
夜にそれはそれはアツイ報告メールをくれた。
閉館の噂を聴いた時も「なんで!」「これからどうする!?」と
オタオタするメールがNちゃんとMiちゃんの両方といったりきたり。
今回も「かなし~!」とこれまでの想い出メール大会。
(私がガラケーのためラインではなく、こういう状況の度にスマホにしろと勧められる)



「書いてよ!」
旧友Miちゃんは時々言う。
前回は「あまちゃん」だったか。
言われる前に書きたいと先日お知らせした場所で
「デビュー記事」として書かせてもらった。
「映画部・Nちゃん」のお姉ちゃんが「この記事、「いいね」多いで!」
私が知りもしない機能&状況を教えてくれた。
「やっぱりさぁ~、地元民の愛やなっ!」Miちゃん、フンガフンガ気味。
彼女はここがホントの地元、子供のころから家族で通ったというのだから
「最終日にどうしても行きたかった」というのもうなずける。
でも10代の終わりにMiちゃんのお母さんがもらった券で
戦い系の歴史ものを2人で爆睡したことも覚えているだろうか。
「とわ~~~っ!」とか大音量の中で眠れたのは
10代だったからだと今では変な感心をしてしまうけど。



今の街に住んで30年を迎えた。
「いつもの映画館」かこれからは「想い出」になっていくのかと思うと
なんとも表現しがたい気持ちでいる。
ちょっとマニアックな映画のセレクトだったけれど、
「ツボ」なものが多くて普通のヒトより「映画は映画館で」という暮らしをしてきた。
シネコンは苦手だな。
「やっぱりやめるのやめました」そんなお知らせが来ないだろうか。
来ないだろうなぁ。
「映画館の跡がパチンコ屋になるのだけは許さないっ!」
メールからも伝わるほど力強く言ったMiちゃんに「清き1票」を投じる。




Manami
[PR]
by kogireido | 2014-09-01 16:44 | Manamiつぶやき