ふたりで綴る北大阪暮らしのあれこれ。


by kogireido
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2014 ダイエットに挑む!

*3食、きちんと摂る
*19:00以降は食べない
*起床後&入浴前に体重を計り、グラフに記入する
*夜の糖質・炭水化物に注意する
*野菜中心だが肉や魚、豆類も摂るようにする
*甘いモノは和菓子や果物を選ぶ
*外出の際や友人とのランチ等は楽しむ
*以前の食事より少なめ「腹8分目」の量にする
*歩くことを心がける
*ストイックな我慢はせず、長期的に考える




何を書いているのでしょう、私。
きっかけは2月に母が体調を崩したこと。
「ご飯大好き!」な母がお仏壇のご飯くらいでいいと言った時は
心配も驚きもした。
回復と共に食欲は少しずつ出てきて、
「お仏壇のご飯」と少々のおかずを少しずつ盛りつけるようにした。
これまでの「1人前」を2人で食べる」ようにしたところ
母娘して体重が落ちていった。



母の「オカン料理」は「量は5人前、モリモリ盛り付け」だ。
私や弟達が食べ盛りであった頃に比べたら多少は減っているものの
いささか「多め」が規定量になっていた。
代謝も落ちてきた今、食す量も再考する必要があるのではないかと
遅まきながら気づいた次第。
「ちょっとずつ、いろんなモノを食べる」そう決めた。



上の箇条書きはこれまでに知ったダイエット情報の寄せ集めだ。
「結集」といってよいかと。
偏った食べ方をしたり、過剰な運動をしたりということでは長続きしない。
自分にできる無理のないやり方を集めたらルールは自然に決まった。



体重の記録は4カ月目になる。
折れ線グラフは朝が少なく、夕食後の入浴前には少し増えていて
食べすぎたら先月の同じ日の体重を上回ることもあり正直だ。
「そういうこともありなんだ」と思いながら
最終的に今のグラフが一番下にあるように努めている。
初期に比べれば劇的な減り方はしないけれど
私はバスに乗るためにダッシュもできるし、母は膝の具合もいい。
食事の内容についてよく話し、食料品の買物も計画的になった。
冷蔵庫の中やストック類もしっかり把握。
食品管理もスリム化できている。


d0302604_1551414.jpg




ダイエットストレスは今回はない。
「食生活に気をつける」という自覚の方が大きいのだと思う。
それでも友人とのランチは楽しむし、時々小さなお菓子を買うことも。
「年内には何キロまでいくか!」母娘競争はまだまだ続く。
画像は昨日のランチの前菜。3人でシェア。
この日は素敵な場所へ足を運び、モリモリ食べたけれど
それを上回るほど歩き、話し、笑ったので現状維持。
なんだか得した気分~♪



Manami
[PR]
by kogireido | 2014-07-14 15:54 | おしゃれ心